スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法制局長官、通常国会冒頭から答弁禁止 官房長官(産経新聞)

 平野博文官房長官は14日午前の記者会見で、18日召集の通常国会での内閣法制局長官による答弁について「外す方向で考えている」と述べ、官僚の答弁禁止を柱とする国会審議活性化関連法案の成立を待たず、通常国会冒頭から内閣法制局長官を国会答弁ができる「政府特別補佐人」から除外する考えを示した。

 また、法制局長官が自民党政権下で憲法解釈権を握り、「法の番人」と呼ばれたことに関しては「法制局長官は法的見地から内閣に助言する立場。法の番人のようになるという認識は少し違う」と指摘。憲法解釈に関する答弁は一元化せず、各閣僚が質問に応じて行う方針も示した上で、「憲法解釈は今までの解釈がある。バラバラにそれぞれ違うことを言うことは基本的にはない」と説明した。

【関連記事】
国会改革の関連法案 与党3党で合意 小沢氏「強い意志で通す」
民主党国会改革の内部資料が判明 法制局から「憲法解釈権」剥奪
与党3党 官僚答弁禁止の法改正で合意
社民・重野幹事長、内閣法制局長官の答弁外し「理由がわからない」
官僚答弁認める? 小沢氏、臨時国会は容認「慣らし運転なので…」

<銀座貴金属店窃盗>警視庁、香港警察と本格的な情報交換へ(毎日新聞)
<日弁連会長選>宇都宮、山本両氏の争いに 来月5日投開票(毎日新聞)
レトロ列車で出会いの場「婚活2時間半の旅」(読売新聞)
鳩山首相、外国人参政権「合意形成目指す」(産経新聞)
<原爆症認定>長妻厚労相、法改正で緩和へ(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。